生年月日データベース

ジークムント・フロイトSigmund Freud

精神分析学者[オーストリア]

1856年 5月6日

1939年 9月23日 死去安楽死享年83歳
ジークムント・フロイトの名言
大人になるということは、曖昧さを受け入れる能力を持つということである。
Maturity is the ability to live with ambiguity.
ジークムント・フロイト - ウィキペディアより引用

ジークムント・フロイト(ドイツ語: Sigmund Freud、1856年5月6日 - 1939年9月23日)は、オーストリアの精神分析学者、精神科医。
オーストリアの白人系ユダヤ教徒アシュケナジムの家庭に生まれた。
神経病理学者を経て精神科医となり、神経症研究、心的外傷論研究(PTSD研究)、自由連想法、無意識研究、精神分析の創始を行い、さらに精神力動論を展開した。
非常に詳細で精密な観察眼を示す症例報告を多数残した。
それらは、現在においても次々と新しい角度から研究されている。
フロイトの提唱した数々の理論は、のちに弟子たちによって後世の精神医学や臨床心理学などの基礎となったのみならず、20世紀以降の文学・芸術・人間理解に広く甚大な影響を与えた。
弟子たちは、フロイトの考え方のどこかしらを批判した上でこれを受け継ぎ、様々な学派に分岐し、それぞれ独自の理論を展開していった。
現代思想、特に大陸哲学、フランス現代思想の哲学者(ジャック・ラカン、ジャック・デリダ、フェリックス・ガタリなど多数)に大きな影響を与え、精神分析を基調とする哲学の創始者とされる。

関連書籍