生年月日データベース

李麗仙りれいせん

女優[韓国→日本]

1942年 3月25日 生 (満78歳)

李 麗仙(り れいせん、イ・ヨソン、이여선、1942年3月25日 - )は、日本の女優。
東京府生まれ。
東京都立広尾高等学校卒業。
俳優で小説家の大鶴義丹は実息。
来歴・人物 両親は在日韓国人2世だが日本語しか話さなかったという。
生まれた時の名前は李初子(이초자イ・チョジャ)。
日本名は星山初子(ほしやま はつこ)といった。
舞台芸術学院在学中に、唐十郎と知り合う。
1963年に舞台芸術学院を中退して、唐が設立した劇団状況劇場に参加。
星山初子の名でデビューしたが数年後には李礼仙(이예선イ・イェソン)と名乗り、同劇団の看板女優として活躍する。
1967年に25歳で唐と結婚。
翌年、長男の義丹を出産。
生活費を稼ぐため、金粉ショウダンサーとして全国のキャバレーを回った。
1975年に日本国籍を取得し、本名が李初子から大靏初子(「靏」の字は、雨の下に鶴)となる。
1987年2月に、芸名を現在の李麗仙に改名。
翌1988年4月、唐十郎と離婚。
舞台、ドラマ、映画等幅広く活動。
特にその個性的な演技で演劇界を代表する「アングラの女王」の異名を取る。

関連商品