生年月日データベース

倍賞美津子ばいしょうみつこ

女優[日本]

1946年 11月22日 生 (満73歳)

倍賞 美津子(ばいしょう みつこ、1946年11月22日 - )は、日本の女優。
茨城県出身。
左利き。
事務所はロータス・ルーツ。
来歴・人物 幼少時に東京都北区に移り、北区立紅葉中学校卒業後、1962年に松竹音楽舞踊学校に入学した。
1965年松竹歌劇団に第18期生として入団する。
学校生時代の舞台実習を経て、同年、グランドレビュー「東京踊り」でデビューする。
同年、新人賞を受賞。
浅草国際劇場を中心に、歌とダンスで活動を続ける。
1967年、『純情二重奏』で実姉の倍賞千恵子と異母姉妹を演じ、映画デビューする。
1969年、五社英雄監督の『人斬り』で京都市民映画祭の新人賞を受賞する。
その後、松竹に入社し、デビュー作の『喜劇・女は度胸』以来、森崎東監督の作品に出演を続け、看板女優の一人となる。
『人生劇場』に出演。
1979年、今村昌平監督の『復讐するは我にあり』にてブルーリボン助演女優賞を受賞。
女優としての地位を確立。
以後、『影武者』『夢』『楢山節考』『陽暉楼』と話題作に続々と出演。
1985年には『生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言』、『恋文』で日本アカデミー賞・キネマ旬報賞・毎日映画コンクール・報知映画賞と、多くの賞を総なめにする。

関連商品