生年月日データベース

高良健吾こうらけんご

俳優[日本]

1987年 11月12日 生 (満32歳)

高良健吾 - 俳優

高良 健吾(こうら けんご、1987年11月12日 - )は、日本の俳優。
熊本県熊本市出身。
テンカラット所属。
父親は旅行会社に勤め転勤族であったため、九州内での転居を繰り返す環境にあった。
それについて反抗したり、少しだけ引きこもったことがある。
熊本県の私立九州学院高等学校卒業。
高校生の時に、熊本のタウン情報誌『クマモト』にスカウトされ、素人スタッフ兼モデルの一員として編集部に出入りするようになる。
当時から俳優業に興味があったため、それを知る同誌の副編集長から東京都の芸能事務所の社長を紹介され、高校卒業と共に芸能界に入る。
2005年、ドラマ『ごくせん』で俳優デビューし、2006年公開の『ハリヨの夏』で映画デビュー。
以降、映画出演が多く続いているが、ドラマ出演が少ないのは「連ドラで3か月スケジュールを空けるのが難しいからで、ドラマが嫌いというわけじゃない」と語っている。
2008年公開の映画『蛇にピアス』で全身刺青で顔に15個のピアスをした青年の役を演じた。
撮影にあたり特殊メイクを使用した。
2011年、『時計じかけのオレンジ』で舞台に初挑戦する。

映像作品

関連書籍

こうら-けんご 1987-平成時代の俳優。昭和62年11月12日生まれ。平成17年テレビドラマ「ごくせん」で俳優デビュー。18年「ハリヨの夏」で映画デビュー。24年「軽蔑」で日本アカデミー賞新人俳優賞。25年「苦役列車」で日本アカデミー賞優秀助演男優賞。26年「横道世之介」でブルーリボン賞主演男優賞。ほかに「千年の愉楽」「武士の献立」に出演。連続テレビ小説「おひさま」「まほろ駅前番外地」などテレビでも活躍。熊本県出身。九州学院高卒。 (引用元 コトバンク)