生年月日データベース

牧伸二まきしんじ

ウクレレ漫談家[日本]

1934年 9月26日

2013年 4月29日 死去
 - ウィキペディアより引用

牧 伸二(まき しんじ、本名:大井 守常〈おおい もりつね〉、1934年9月26日 - 2013年4月29日)は、日本のウクレレ漫談家。
牧プロダクション所属。
東京演芸協会第6代会長。
ハワイアンをアレンジした曲に、「やんなっちゃった」などのフレーズで社会批評を乗せて歌う、ウクレレ漫談の創始者。
ギターに持ち替えたこともある。
ベテランになってからもレゲエやロックンロールにも挑戦した。
弟子に泉ピン子、牧ひろし(現・所属事務所社長)、牧田博(牧野周一一門。
弟弟子)、牧タカシ、牧のぼる、牧正らがいる。
東京府東京市目黒区(現・東京都目黒区)で板金屋の5人兄姉の末っ子として出生し、間もなく向島に転居。
戦時中は岩手県の寺に疎開、中学の1年後輩に立川談志がいる。
夜間高校に通いながら1950年7月からは(株)東亜計器製作所に勤める。
高校1年のころ牧野周一の漫談をラジオで聞き、浅草の話術同好会「話術クラブ」に入る。
この頃は楽器を持たない声帯模写を得意とした。
高校卒業後、1957年にラジオ東京(現TBSラジオ)の『しろうと寄席』で7週連続で名人位を獲得。

関連商品