生年月日データベース

野口健のぐちけん

登山家[日本]

1973年 8月21日 生 (満46歳)

野口 健(のぐち けん、1973年8月21日 - )は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン市出身の日本人登山家。
了徳寺大学客員教授。
亜細亜大学国際関係学部卒業。
高校から登山を始め、1998年に25歳でチョモランマの登頂に成功し、当時の七大陸最高峰登頂最年少記録を樹立した。
また、エベレストや富士山の清掃活動など、環境問題に取り組んでいる。
生い立ち 日本人(元外交官の野口雅昭)の父親と、エジプト人の母親とのハーフ。
幼少期を海外で過ごす。
カイロ日本人学校の小学部から、イギリスの立教英国学院小学部に6年時に転校。
同学院の高等学校在学中、本人の言葉によれば“落ちこぼれ”の不良生徒であり、学校の先輩と喧嘩をして一ヶ月の停学処分を受ける。
停学中の一人旅で植村直己の著書と出会い登山を始める。
卒業後、亜細亜大学へ一芸入試で合格する。
これもあり、植村を強く慕うようになる。
亜細亜大学在学中は、学長の衞藤瀋吉から精神面・資金面ともに多大な支援を受けたという。
七大陸最高峰の最年少登頂達成 亜細亜大学入学後から、世界の名立たる山々へ挑戦を挑み、各地で最年少登頂記録を樹立する。

映像作品

アルピニスト、登山家、1973年生まれ、アメリカ・マサチューセッツ州出身。 元・七大陸最高峰世界最年少登頂記録保持者。2007年 植村直己冒険賞受賞。 (引用元 Hatena Keyword)