生年月日データベース

羽賀龍之介はがりゅうのすけ

柔道[日本]

1991年 4月28日 生 (満33歳)

羽賀龍之介 - 柔道家

羽賀 龍之介(はが りゅうのすけ、1991年4月28日 - )は、宮崎県延岡市出身の日本の柔道家。
階級は100kg級。
身長186cm。
血液型はO型。
段位は五段。
組み手は左組み。
得意技は内股。
現在は旭化成に所属している。
父親は講道館杯などで優勝経験のある羽賀善夫。
母親は国体やインターハイで活躍した元競泳選手。
来歴[編集] 幼少時に埼玉県に越すと、2歳年上の兄である善之介とともに5歳の時に柔道を始めた。
当時は競泳も習っていて、自由形で県大会で2位になったこともあった。
小学校3年の時に横浜市に移ると、朝飛道場に所属して柔道に専念することになった。
小学校6年の時には全国少年柔道大会の団体戦で3位になった。
六角橋中学3年の時に全国中学校柔道大会90kg級で3位になった。
東海大相模高校に進学し、1年の時、金鷲旗で史上初の20人抜きを達成した。
インターハイでは3年の時にオール一本勝ちで100kg級を制した。
また、2年と3年の時には、東海大相模高校が団体戦で2年連続高校3冠(全国高校選手権、金鷲旗、インターハイ)を達成する際の立役者の1人となり、1つ年上の先輩である高木海帆とともに、ポスト穴井隆将の有力候補と見なされた。
東海大学に進学後、1年の時には全日本ジュニアでオール一本勝ちで優勝して世界ジュニア代表に選出されると、世界ジュニアでは準決勝の判定勝ち以外は全て一本勝ちで優勝を果たした。
11月には本格的なシニアデビ ……

羽賀龍之介さんが誕生してから、33年と88日が経過しました。(12141日)