生年月日データベース

中山泰秀なかやまやすひで

政治家[日本]

1970年 10月14日 生 (満48歳)

中山泰秀 - ウィキペディアより引用

中山 泰秀(なかやま やすひで、1970年10月14日 - )は、日本の政治家。
自由民主党所属の衆議院議員(4期)、自民党大阪府連会長。
元外務副大臣。
父は中山正暉。
伯父は元外務大臣の中山太郎。
祖父は弁護士で戦前に衆議院議員、戦後に参議院議員を務めた中山福蔵。
祖母は女性初の国務大臣(厚生大臣)となった中山マサ。
最終学歴は早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程修了。
学位は修士 (スポーツ科学)。
アルザス成城学園(フランス)を経て、1993年、成城大学法学部法律学科卒業。
同年電通に入社。
政界入りへ 1996年 第41回衆議院議員総選挙、全国最年少候補者(自身が被選挙権得て最初の衆院選)として大阪5区に出馬。
新進党の谷口隆義に完敗、さらに日本共産党の東中光雄にも後塵を拝し次々点となり、比例復活もならず落選。
2000年 第42回衆議院議員総選挙、自公保連立政権・第1次森内閣発足で大阪5区を公明党の谷口に譲り近畿ブロックの比例単独下位(名簿登載順位第39位)で出馬したが、落選。

衆議院議員 自民党 比例区南近畿ブロック選出 1970年10月14日生まれ。大阪府出身。成城大学法学部法律学科卒業。早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程。 2003年初当選。 (引用元 Hatena Keyword)