生年月日データベース

高橋幸治たかはしこうじ

俳優[日本]

1935年 6月10日 生 (満84歳)

高橋 幸治(たかはし こうじ、1935年6月10日 - )は、日本の俳優。
来歴・人物 新潟県十日町市出身。
新潟県立十日町高等学校、東洋大学経済学部卒業。
大学在学中に、文学座俳優の宮口精二の運転手となる。
1959年、研究生として文学座に入り、1963年『日本の孤島』で初舞台。
同年、新藤兼人脚本・監督の『母』で映画デビューする。
1965年、NHK大河ドラマの『太閤記』の織田信長役に抜擢され、一躍人気を獲得。
当時、放送局に多数のファンから「信長を殺すな」という投書が殺到し、本能寺の変の放送を延期させたというエピソードがある。
同年、映画『アンデスの花嫁』南米ロケから帰国後、過労のため入院したことを文学座に告知するのが遅れ、出演予定だった舞台公演に穴を空けたとして、文学座を除籍された。
しかし人気は衰えず、翌1966年のNHK朝の連続テレビ小説『おはなはん』に主人公の夫・速水謙太郎中尉役で出演。
この時も物語半ばで死去する役であったが、『太閤記』と同様に多くの助命嘆願が寄せられ、死去の時期が延びている。

映像作品

関連書籍

音楽作品