生年月日データベース

大坂なおみおおさかなおみ

プロテニス選手[日本]

1997年 10月16日 生 (満21歳)

大坂なおみ - ウィキペディアより引用

大坂 なおみ(おおさか なおみ、女性、1997年10月16日 - )は、日本のプロテニス選手。
自己最高ランキングはシングルス92位。
身長180cm、体重69kg。
右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。
実父はハイチ出身のアメリカ人、実母は日本人というハーフで、姉の大坂まりもプロテニス選手である。
1997年に大阪府大阪市で生まれ、4歳時に一家でアメリカに移住し、実父の手ほどきでテニス競技を始める。
語学力に関しては、日本語よりも英語の方が流暢。
大阪市内に住んでいた頃は、練習場は近所の靭公園にあるテニスコートであったという。
2013年にプロに転向し、ツアー下部大会を転戦した。
2014年7月のWTAツアーバンク・オブ・ウェスト・クラシックで初めて予選を突破し本戦出場。
1回戦で対戦したサマンサ・ストーサー(2011年全米オープン覇者)に2-1で勝利、最速193km/hのサーブで大番狂わせを演じた。
翌年の10月にはWTAファイナルのライジング・スター・インビテーショナルに出場。
予選ではキャロリン・ガルシアに敗れたが、決勝では雪辱を果たし優勝した。

映像作品

関連書籍

プロテニス選手。1997年10月16日、大阪府生まれ。身長180センチメートル。ハイチ系アメリカ人の父と日本人の母をもつ。3歳でテニスを始め、家族とともに米国に移る。2013年にプロ転向を果たすと、16年にWTA(女子テニス協会)プレミア大会の東レパン・パシフィック・オープンで準優勝し、WTA最優秀新人賞を受賞する。日清食品ホールディングスと所属契約を結び、17年には日本代表として女子国別対抗戦・フェド杯のアジアオセアニアグループに出場した。18年3月、四大大会に次ぐグレードのWTAプレミア・マンダトリー大会、BNPパリバ・オープンで日本勢女子初となるツアー初優勝を飾る。同年9月には全米オープン決勝で元世界ランキング1位のセリーナ・ウィリアムズに勝利し、ITF(国際テニス連盟)が管轄する四大大会優勝という日本勢初の偉業を達成した。 (2018-9-11) (引用元 コトバンク)