生年月日データベース

大村智おおむらさとし

化学者、北里大学特別栄誉教授・天然物有機化学[日本]

1935年 7月12日 生 (満84歳)

大村智 - 化学者、北里大学特別栄誉教授・天然物有機化学

大村 智(おおむら さとし、1935年7月12日 - )は、日本の化学者(天然物化学)。
北里大学特別栄誉教授。
2015年ノーベル生理学・医学賞受賞。
微生物の生産する有用な天然有機化合物の探索研究を45年以上行い、これまでに類のない480種を超える新規化合物を発見、それらにより感染症などの予防・撲滅、創薬、生命現象の解明に貢献している。
また、化合物の発見や創製、構造解析について新しい方法を提唱、実現し、基礎から応用までの幅広く新しい研究領域を世界に先駆けて開拓している。
研究以外では、北里研究所の経営再建、女子美術大学への支援や私費による韮崎大村美術館の建設、学校法人開智学園の運営などの貢献業績がある。
勲等は瑞宝重光章、紫綬褒章、文化勲章などを受勲。
母校の山梨大学と東京理科大学からそれぞれ特別栄誉博士の称号を授与。
山梨県北巨摩郡神山村出身。
天然物化学分野の研究に従事した。
アベルメクチンを発見し、それを基にイベルメクチンの開発に取り組んだ。
イベルメクチンは抗寄生虫薬として活用されるようになり、寄生虫感染症の治療法確立に貢献した。

関連書籍

おおむら-さとし 1935-昭和後期-平成時代の薬学者。昭和10年7月12日生まれ。昭和50年北里大教授,平成2年北里研究所長となる。微生物から300ちかくの新物質を発見し,その一部を人や家畜の寄生虫に有効な抗生物質などとして実用化した。平成2年学士院賞(秦藤樹との共同研究)。13年北里生命科学研究所所長。同年学士院会員。24年文化功労者。27年朝日賞。同年ノーベル生理学・医学賞を受賞。山梨県出身。山梨大卒。編著に「微生物薬品化学」など。 (引用元 コトバンク)