生年月日データベース

立川談之助たてかわだんのすけ

落語家[日本]

1953年 6月22日 生 (満71歳)

立川談之助 - ウィキペディアより引用

立川 談之助(たてかわ だんのすけ、1953年6月22日 - )は、日本の落語家、元参議院議員秘書。
本名∶山林 博。
出囃子は『ぜんづと』。
経歴[編集] 群馬県前橋市出身。
群馬大学教育学部附属中学校、群馬県立前橋高等学校、明治大学商学部卒業。
1974年7月に立川談志に入門し、立川談Qを名乗る。
1978年9月、柳家〆治、古今亭菊弥、林家正雀と共に二ツ目昇進。
立川談之助を名乗る。
1992年9月、真打昇進。
芸歴[編集] 1974年7月 - 七代目立川談志に入門、「談Q」を名乗る。
1978年9月 - 二ツ目昇進、「談之助」を名乗る。
1992年9月 - 真打昇進。
人物[編集] 高校時代に落語研究会を創設して活動する。
大学時代は明治大学落語研究会に所属。
三宅裕司は同会の先輩、立川志の輔は同級生、立川談幸・渡辺正行は後輩にあたる。
在学中に立川談志に弟子入り。
弟子入り時に談志が参議院議員であり、ほぼ毎日参議院議員会館に通う必要があったことから、談志の私設秘書となった。
古典落語を演じることもあるが、主に新作落語に取り組む。
2代目快楽亭ブラックらと「トンデモ落語の会」に参加。
新作落語には泡沫候補や大日本愛国党の赤尾敏など、政治を取り上げた物もある。
同門の立川談四楼とともに、日本共産党の推薦者名簿に名前を載せている。
テレビゲームやアニメなど、オタク関係の知識も豊富であり、『ポプコム』で美少女ゲーム関係の連載記事を執筆して ……

立川談之助さんが誕生してから、71年と32日が経過しました。(25965日)