生年月日データベース

千原ジュニアちはらじゅにあ

お笑いタレント・千原兄弟[日本]

(旧芸名・千原浩史)

1974年 3月30日 生 (満45歳)

千原 ジュニア(ちはら ジュニア、1974年3月30日 - )は、日本のお笑い芸人、司会者、俳優であり、コンビ千原兄弟のボケを担当。
本名および旧芸名は千原 浩史(ちはら こうじ)。
京都府福知山市出身。
よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。
京都共栄学園中学校卒業。
京都共栄学園高等学校中退。
NSCの8期生であるが、卒業はしていない。
小学校時代は周りの友達と悪さをしていたが、浩史だけが目立って見えていたせいか、友達の親からよく思われていなかった。
ある日、友達の家へいつものように遊びの誘いに行くと、中から親が出てきて「息子はいない」と言われ、帰ることにした。
帰り際に家の中から親の「千原くんと遊んだらあかん」という声が聞こえてきたという。
浩史の地元の小学生は、黒い制服の公立中学(大半はこちらに行くらしい)と青い制服の私立中学(中高一貫)のどちらかに行くのだが、青い制服の中学生は周りから一目置かれていたという。

映像作品

関連書籍

  • タイトル
    14歳 (幻冬舎よしもと文庫)
    著者
    千原ジュニア
    発売元
    幻冬舎
    ページ数
    202ページ
    発売日
    2009-07-01
    新品価格
    ¥ 494
    中古商品
    ¥ 100 より
  • タイトル
    これにて、便所は宇宙である
    著者
    千原ジュニア
    発売元
    扶桑社
    ページ数
    452ページ
    発売日
    2017-11-20
    新品価格
    ¥ 1,404
    中古商品
    ¥ 93 より
  • タイトル
    14歳 (MouRa)
    著者
    千原ジュニア
    発売元
    講談社
    ページ数
    200ページ
    発売日
    2007-01-13
    新品価格
    ¥ 1,406
    中古商品
    ¥ 1 より
  • タイトル
    このたび、便所は宇宙である
    著者
    千原ジュニア
    発売元
    扶桑社
    ページ数
    427ページ
    発売日
    2016-02-20
    新品価格
    ¥ 1,350
    中古商品
    ¥ 200 より
  • タイトル
    3月30日 (幻冬舎よしもと文庫)
    著者
    千原ジュニア
    発売元
    幻冬舎
    ページ数
    171ページ
    発売日
    2011-03-01
    新品価格
    ¥ 494
    中古商品
    ¥ 1 より
  • タイトル
    あながち、便所は宇宙である
    著者
    千原ジュニア
    発売元
    扶桑社
    ページ数
    350ページ
    発売日
    2013-06-17
    新品価格
    中古商品
    ¥ 1 より
  • タイトル
    西日の当たる教室で
    著者
    千原ジュニア
    発売元
    双葉社
    ページ数
    196ページ
    発売日
    2009-11-18
    新品価格
    ¥ 1,296
    中古商品
    ¥ 31 より
  • タイトル
    千原ジュニアの題と解
    著者
    発売元
    太田出版
    ページ数
    190ページ
    発売日
    2006-01-01
    新品価格
    ¥ 1,296
    中古商品
    ¥ 24 より
  • タイトル
    とはいえ、便所は宇宙である
    著者
    千原ジュニア
    発売元
    扶桑社
    ページ数
    378ページ
    発売日
    2012-05-14
    新品価格
    ¥ 1,337
    中古商品
    ¥ 157 より
  • タイトル
    クイック・ジャパン87
    著者
    AKB48
    発売元
    太田出版
    ページ数
    288ページ
    発売日
    2009-12-11
    新品価格
    ¥ 1,026
    中古商品
    ¥ 1 より

千原ジュニア(本名:千原浩史)は日本の芸人。吉本興業に所属するお笑いコンビ「千原兄弟」の弟。 1974年3月30日うまれ。京都出身。福知山市(同郷に中澤裕子がいる)。大喜利を追究している。 (引用元 Hatena Keyword)