生年月日データベース

鈴木清順すずきせいじゅん

映画監督俳優[日本]

1923年 5月24日

2017年 2月13日 死去慢性閉塞性肺疾患享年95歳
鈴木清順 - ウィキペディアより引用

鈴木 清順(すずき せいじゅん、1923年〈大正12年〉5月24日 - 2017年〈平成29年〉2月13日)は、日本の映画監督・俳優。
本名:鈴木 清太郎(すずき せいたろう)。
弟に元NHKアナウンサーの鈴木健二がいる。
日活の専属監督として小林旭、高橋英樹、宍戸錠ら当時の日活の主力俳優の主演作品を多く手がけ、その「清順美学」と評される独特の映像表現で名を馳せた。
特に宍戸錠主演の『殺しの烙印』は一般映画のみならずカルト映画としても世界的な評価が高い。
一方でその実験的とも言える作風が当時の日活の経営陣の不興を買い会社を追われるなど、境遇は波乱に富んでおり、映画作家として約10年間の空白期間がある(「鈴木清順問題共闘会議」参照)。
活動再開後に撮った『ツィゴイネルワイゼン』『陽炎座』『夢二』は「大正浪漫三部作」と呼ばれ、幽遠な映像美を見せた。
また晩年メガホンを取った『ピストルオペラ』『オペレッタ狸御殿』でのアバンギャルドな作風は、世界中の監督達に強い影響を与えている。

鈴木清順さんが誕生してから、101年と27日が経過しました。(36917日)
亡くなってから、7年と126日が経ちました。(2683日)
34234日間 生きました。