生年月日データベース

エドワード・G・サイデンステッカーEdward George Seidensticker

日本文学者[アメリカ]

1921年 2月11日

2007年 8月26日 死去享年87歳
エドワード・G・サイデンステッカー - ウィキペディアより引用

エドワード・ジョージ・サイデンステッカー(Edward George Seidensticker, 1921年2月11日 - 2007年8月26日)は、日本文学作品の翻訳を通して、日本の文化を広く紹介したアメリカ人の日本学者。
より正確には「サイデンスティッカー」だが、親しみをこめて「サイデンさん」などと呼ばれることもある。
コロラド州の農家に生まれる。
父方はドイツ系プロテスタント、母方はアイルランド系カトリックの出自。
コロラド大学で経済学を専攻したが、中途で英文学専攻に変更。
海軍日本語学校で日本語を学んだ後、第二次世界大戦に従軍し、海兵隊員として日本に進駐。
帰米後、コロンビア大学で公法及び行政学の修士号を取得。
1947年に国務省外交局へ入り、イェール大学とハーヴァード大学に出向して日本語の訓練を重ねる。
当時まだ日本にアメリカ大使館が存在しなかったため、連合軍最高司令長官付外交部局の一員として滞日。
その傍ら、東京大学に籍を置いて吉田精一のもとで日本文学を勉強した。
その時の友人が直木賞作家の高橋治。
日本語に熟達して評論活動を行ったが、1962年からスタンフォード大学に奉職、1966年ミシガン大学に移り、1977年コロンビア大学教授として日本文学を講じ、アンソニー・チェンバースのような後進を育てた。

関連書籍