生年月日データベース

安井かずみやすいかずみ

作詞家エッセイスト[日本]

1939年 1月12日

1994年 3月17日 死去肺がん享年56歳

安井 かずみ(やすい かずみ、1939年1月12日 - 1994年3月17日)は、神奈川県横浜市出身の作詞家、訳詞家、エッセイスト、歌手。
本名は漢字で一美。
愛称はズズ(ZUZU)。
初期のペンネームは みナみ カズみ。
数々の有名人からも人望が厚く、信仰の厚い日本基督教団のクリスチャンでもあった。
フェリス女学院高等学校、文化学院油絵科卒業。
女流画家を目指していたが、在学中にみナみカズみのペンネームで神田のシンコーミュージックでアルバイトで訳詞をしたことがきっかけで作詞家となる。
フランス語の訳詞ができる数少ない語学力と独特の発想による歌詞世界で知られる。
1965年 - 伊東ゆかりの「おしゃべりな真珠」で第7回日本レコード大賞作詞賞を受賞。
以降、小柳ルミ子の「わたしの城下町」など数々のヒット曲を送り出し、多くの賞を受賞した。
作詞した作品の総数は約4000曲にものぼる。
海外旅行がめずらしかった当時、世界中を旅をして、貴族や有名人と優雅な生活を送った。
1967年 - ローマにて青年実業家と結婚するも、翌年ニューヨークにて離婚。

関連書籍

ミュージック