生年月日データベース

李相日Lee Sang-il

映画監督[日本]

1974年 1月6日 生 (満45歳)

李 相日(り そうじつ/イ・サンイル 又は リ・サンイル、이상일/리상일、1974年1月6日 - )は、日本を拠点に活動する、新潟県出身の映画監督。
新潟県生まれの在日朝鮮人三世。
父は新潟朝鮮初中級学校で教師をしていた。
4歳の頃、一家で横浜に移り住み、横浜の朝鮮初級学校、中級・高級学校に通った。
高校3年に進級するまでは野球部に所属した。
神奈川大学経済学部卒業間際に、アルバイトでVシネマの製作に参加したのがきっかけとなり、卒業後、日本映画学校(現・日本映画大学)に入学。
卒業制作作品『青〜chong〜』がぴあフィルムフェスティバルでグランプリを含む史上初の4部門を独占。
その後、数年間フリーの助監督として活動し、シネカノンの李鳳宇が企画・製作した2002 FIFA World Cup Korea/Japanのドキュメンタリー映画では、何台かあるカメラのうちの一台の撮影も担当している。

関連書籍

リ-サンイル 1974-平成時代の映画監督。昭和49年1月6日生まれ。在日朝鮮人3世。神奈川大卒業後,日本映画学校に入学。平成12年卒業制作作品「青~chong~」がぴあフィルムフェスティバルでグランプリを含む4部門を受賞。19年「フラガール」が日本アカデミー賞最優秀作品賞,最優秀監督賞,最優秀脚本賞を受賞。23年「悪人」でキネマ旬報ベスト・テン日本映画監督賞,日本映画脚本賞。作品はほかに「69sixtynine」「スクラップ・ヘブン」など。新潟県出身。 (引用元 コトバンク)