生年月日データベース

北村透谷きたむらとうこく

詩人評論家[日本]

(明治元年11月16日生)

1868年 12月29日

1894年 5月16日 死去自殺享年27歳
北村透谷 - ウィキペディアより引用

北村 透谷(きたむら とうこく、1868年12月29日〈明治元年11月16日〉- 1894年〈明治27年〉5月16日)は、日本の評論家・詩人。
本名は北村 門太郎(きたむら もんたろう)。
明治期に近代的な文芸評論をおこない、島崎藤村らに大きな影響を与えた。
北村透谷生誕之地小田原市浜町3-11-14相模国小田原(現・神奈川県小田原市)に生まれた。
幼少時代、両親から離れて厳格な祖父と愛情薄い継祖母に育てられ、のちに神経質な母親の束縛を受けたことが性情の形成に大きな影響を与えたといわれる。
1881年に東京数寄屋橋の近くに移住。
東京専門学校(現・早大)政治科に入学、東京の三多摩地方を放浪して壮士たちと交わるが、民権運動が過激になり離脱。
1888年に洗礼を受け、同年、民権運動家石坂昌孝の娘ミナと結婚。
翌年、自己の暗い内面と愛と自由をうたった長編叙事詩『楚囚之詩』を刊行。
『厭世詩家と女性』(1892年)を発表して文壇に登場。
1893年には島崎藤村、星野天知らと雑誌「文学界」を創刊し、同人たちの浪漫主義運動を主導したが、そこには、例えば「恋愛は人生の秘鑰なり」「男女相愛して後始めて社界の真相を知る」と述べた『厭世詩家と女性』にみられるような恋愛至上主義的傾向がみられる。
また、文学は世俗的な功利を求めず、人間性の深い真実をこそ求めるべきとした(「人生相渉論争」)。
『内部生命論』では、内面的生命における自由と幸福を重んじた。
『人生に相渉る ……

推定関連画像

さんが誕生してから、155年と63日が経過しました。(56677日)
亡くなってから、129年と291日が経ちました。(47408日)
9269日間 生きました。