生年月日データベース

都築響一つづききょういち

写真家ジャーナリスト[日本]

1956年 1月31日 生 (満64歳)

都築響一(つづききょういち、1956年-)は日本の写真家、編集者。
東京都出身。
上智大学卒業。

大学在学中から現代美術・デザイン分野で著作家 ライター活動を開始。
卒業後はフリーランスの編集者として『POPEYE』『BRUTUS』(マガジンハウス)などで活躍する。
その後、それまであまり被写体にされなかった東京の生活感あふれる居住空間を撮り『TOKYO STYLE』(京都書院、後に筑摩書房刊)としてまとめ、写真家として活動を始める。

日本各地に散在する秘宝館や村おこし施設など悪趣味な珍スポットを追う写真ルポルタージュ『珍日本紀行』が雑誌SPA!に掲載され、写真集『ROADSIDE JAPAN 珍日本紀行』(筑摩書房)としてまとめられ、第23回木村伊兵衛写真賞受賞。

写真家としての活動を続ける一方、『TOKYO STYLE』同様、無名の人たちが作ったデザイン(暴走族、デコトラ、ラブホテルなど)を集めた「STREET DESIGN FILE」シリーズ(アスペクト (企業) アスペクト刊)や、詩(死刑囚の辞世の句、寝たきり老人の独語、暴走族の特攻服のように詩と呼ばれなかったものなど)を集めた『夜露死苦現代詩』(新潮社)を出版するなど編集者としての活動も続けている。

関連商品