生年月日データベース

中野量太なかのりょうた

映画監督[日本]

1973年 7月27日 生 (満50歳)

中野 量太(なかの りょうた、1973年7月27日 - )は、日本の映画監督。
京都府京都市出身。
来歴・人物[編集] 京都市立日吉ヶ丘高等学校、京都産業大学、日本映画学校(現・日本映画大学)卒業。
大学卒業後上京し、日本映画学校に入学し3年間映画製作を学ぶ。
2000年、卒業制作『バンザイ人生まっ赤っ赤。
』で、日本映画学校今村昌平賞、TAMA NEW WAVEグランプリなどを受賞。
日本映画学校卒業後、映画・テレビの助監督やテレビのディレクターを経て、2006年に『ロケットパンチを君に!』で6年ぶりに監督を務め、ひろしま映像展グランプリ、水戸短篇映像祭準グランプリなど3つのグランプリを含む7つの賞を受賞した。
2008年には文化庁若手映画作家育成プロジェクトに選出され、35mmフィルムで制作した短編映画『琥珀色のキラキラ』が高い評価を得る。
2012年、自身初の長編映画『チチを撮りに』がSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2012で国際長編コンペティション部門にて監督賞(日本人監督初)とSKIPシティアワードをW受賞。
それに伴い、同作が「SKIPシティDシネマプロジェクト」第3弾作品として2013年2月16日に劇場公開され、さらに第63回ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門に正式招待された。
以後も、同作は多数の国内外の映画祭に正式招待され、賞を受けたほか、監督自身も第5回TAMA映画賞最優秀新進監督賞、第35回ヨコハマ映画祭森田芳光メモリアル新人監督賞、第23回日本映画批評家大賞新人 ……

中野量太さんが誕生してから、50年と362日が経過しました。(18625日)