生年月日データベース

田口卯吉たぐちうきち

経済学者[日本]

(安政2年4月29日生)

1855年 6月12日

1905年 4月13日 死去享年51歳
田口卯吉 - ウィキペディアより引用

田口 卯吉(たぐち うきち、安政2年4月29日(1855年6月12日) - 明治38年(1905年)4月13日)は、日本の経済学者、歴史家、実業家。
東京府会議員(明治13年(1880年)12月-明治23年(1890年)7月)、衆議院議員(明治27年(1894年)10月-明治38年(1905年)2月)なども歴任した。
名は生年が乙卯であることにちなむ。
名は鉉(みつ)。
卯吉は通称。
字は子玉。
号は鼎軒で、『易経』に由来。
幕臣の子で、江戸目白台の徒士屋敷(現東京都文京区目白台の日本女子大学敷地内)に生まれる。
父は西山家から養子に入った樫郎、母は町子。
田口家は初代右衛門が将軍・徳川吉宗の従士として使えて以来の家系で、のちに零落し、天保12年(1841年)に佐藤一斎が株を買い、一斎の長男である慎左衛門が継ぐ。
慎左衛門の娘町子は井上家に嫁いだ後に後家となり、樫郎を婿に迎えた。
安政6年(1859年)に父の樫郎、翌年には長兄の貫一郎が相次いで死去し、家督を相続。
慶応2年(1866年)に元服して従士見習いとなるが、12月に幕府の軍制改革で従士組が廃止され、新設の銃隊に配属される。

関連書籍