生年月日データベース

山崎貴やまざきたかし

映画監督[日本]

1964年 6月12日 生 (満55歳)

山崎貴 - ウィキペディアより引用

山崎 貴(やまざき たかし、1964年6月12日 - )は、日本の映画監督、VFXディレクター。
長野県松本市出身。
白組所属。
13歳の時に『スター・ウォーズ』と『未知との遭遇』に出会い、特撮の仕事を志すようになる。
長野県松本県ヶ丘高等学校を経て阿佐ヶ谷美術専門学校卒業。
1986年に株式会社白組に入社。
CMや映画でのミニチュア製作を担当。
『大病人』『静かな生活』など、伊丹十三監督作品でSFXやデジタル合成を担当する。
オリジナル作品『鵺/NUE』を企画するが、予算の面で思うように企画が進まなかったため、現実的に実現可能な規模の企画として提出した2000年公開の『ジュブナイル』が映画監督としてのデビューとなる。
2005年、『ALWAYS 三丁目の夕日』で第30回報知映画賞で最優作品賞、日本アカデミー賞の監督賞を受賞、映画監督としての確固たる地位を築いた。
また、同作品は日本アカデミー賞の全部門で受賞し、2006年に行われた日本アカデミー賞授賞式では主演女優賞を除くすべての部門(12部門)で最優秀賞を受賞している(これは1997年の『Shall we ダンス?』の全13部門制覇に次ぎ、2003年の『たそがれ清兵衛』と並ぶ)。

映像作品

関連書籍

音楽作品

やまざき-たかし 1964-平成時代の映画監督。昭和39年6月12日生まれ。昭和61年映像制作プロダクションの白組に入社し,デジタル合成などを担当。平成12年「ジュブナイル」で監督デビュー。18年CGを駆使し昭和の町並みを再現した「ALWAYS三丁目の夕日」で日本アカデミー賞最優秀監督賞,最優秀脚本賞(古沢良太と共同受賞)などを受賞。27年「永遠の0」で日本アカデミー賞最優秀監督賞。長野県出身。松本県ヶ丘高卒,阿佐ヶ谷美術専門学校卒。作品はほかに「SPACEBATTLESHIPヤマト」「寄生獣完結編」など。 (引用元 コトバンク)