生年月日データベース

中村義洋なかむらよしひろ

映画監督脚本家ナレーター[日本]

1970年 8月25日 生 (満49歳)

 - ウィキペディアより引用

中村 義洋(なかむら よしひろ、1970年8月25日 - )は、日本の映画監督、脚本家、ナレーター。
茨城県出身。
成城大学文芸学部芸術学科卒業。
大学在学中より映画研究部に所属し、8mm映画製作を始め、『五月雨厨房』が1993年の「ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」で準グランプリを受賞した。
大学卒業後、崔洋一、平山秀幸、伊丹十三らの作品に助監督として参加する。
1999年、自主製作作品『ローカルニュース』で監督デビューする。
同年よりブロードウェイがシリーズ化している『ほんとにあった! 呪いのビデオ』シリーズでは多くで監修、構成、演出を務め、また現在に至るまで同作品のナレーションを務める。
2004年、脚本家の鈴木謙一と構成作家の細川徹と共に映像コントユニット「小鳩の会」を結成する。
2007年、日本映画製作者協会による、もっとも将来性のある新人監督に与える「新藤兼人賞・金賞」を受賞する。
監督作品 映画 太字は脚本も担当している。
ローカルニュース(1999年) 日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場「わたしの赤ちゃん」(2004年) 絶対恐怖 Booth ブース(2005年) @ベイビーメール(2005年) あそこの席(2005年) ルート225(2006年) アヒルと鴨のコインロッカー(2006年) チーム・バチスタの栄光(2008年) ジャージの二人(2008年) フィッシュストーリー(2009年) ジェネラル・ルージュの凱旋(2009年) ゴールデンスランバー(2010年) ちょんまげぷりん(2010年) ……

関連商品