生年月日データベース

中田カウスなかたかうす

漫才師、中田カウス・ボタン[日本]

1949年 6月29日 生 (満75歳)

中田カウス - ウィキペディアより引用

中田 カウス・ボタン(なかた カウス・ボタン)は、日本の漫才コンビ。
所属事務所は吉本興業大阪。
コンビ結成は1967年3月。
なんばグランド花月劇場(NGK)でトリをとるベテランである。
メンバー[編集] 中田 カウス(なかた カウス、1949年6月29日 - )(75歳) ボケ担当。
本名:野間 勝道。
愛媛県越智郡伯方町(現今治市)出身。
伯方島で代々菓子店を営む家の長男に生まれる。
郷里に来た旅芸人が行う漫才を見て漫才師に憧れ、中学卒業後、大阪市内の織物会社に入社するも退職。
横山エンタツに弟子入りを志願するも「引退している」という理由で断られ、暁伸のもとを訪ねたところ、音楽ショウのあひる艦隊を紹介され、ボーヤとなる。
その後、上方柳次・柳太への入門が叶うも、相方候補が廃業したためにデビューを一時断念し、大阪市内のバーでバーテンダーとして働いた。
そのバーに中田ダイマル・ラケットのダイマルが来店。
カウスが入門を直訴したところ、門下の中田チャック(のちの中田アップ)を紹介され、アップへの入門によって再び芸界入りを果たした(この経緯から、カウスは自身を「ダイマルの弟子」と公言している)。
2002年から2010年までM-1グランプリ決勝戦の審査員を務めており、回数では松本人志(ダウンタウン)に次ぐ9回。
出演者のチェックは予選から行っており、2005年1回戦では、舞台袖ではなく客席側からチェックしているカウスの姿が目撃さ ……

中田カウスさんが誕生してから、75年と24日が経過しました。(27418日)