生年月日データベース

ブレーズ・パスカルBlaise Pascal

数学者物理学者哲学者[フランス]

1623年 6月19日

1662年 8月19日 死去享年40歳
ブレーズ・パスカルの名言
人間はひとくきの葦にすぎない。自然の中で最も弱いものである。だが、それは考える葦である。
Human being is a reed of one stalk. It is the weakest existence naturally. However, it is a thinking reed.
 - ウィキペディアより引用

ブレーズ・パスカル(Blaise Pascal、1623年6月19日 - 1662年8月19日)は、フランスの哲学者、自然哲学者、物理学者、思想家、数学者、キリスト教神学者、発明家、実業家である。
神童として数多くのエピソードを残した早熟の天才で、その才能は多分野に及んだ。
ただし、短命であり、三十代で逝去している。
死後『パンセ』として出版されることになる遺稿を自身の目標としていた書物にまとめることもかなわなかった。
「人間は考える葦である」などの多数の名文句やパスカルの賭けなどの多数の有名な思弁がある遺稿集『パンセ』は有名である。
その他、パスカルの三角形、パスカルの原理、パスカルの定理などの発見で知られる。
ポール・ロワヤル学派に属し、ジャンセニスムを代表する著作家の一人でもある。
かつてフランスで発行されていた500フラン紙幣に肖像が使用されていた。

関連商品

ブレーズ・パスカルさんが誕生してから、398年と88日が経過しました。(145458日)
亡くなってから、359年と27日が経ちました。(131152日)
14306日間 生きました。