生年月日データベース

ミシェル・ド・モンテーニュMichel de Montaigne

哲学者[フランス]

(ユリウス暦) 1533年 2月28日

1592年 9月13日 死去享年60歳
ミシェル・ド・モンテーニュの名言
我々が最もよく分かっていないことほど、最も固く信じられている。
Nothing is so firmly believed as what we least know.
ミシェル・ド・モンテーニュ - ウィキペディアより引用

ミシェル・エケム・ド・モンテーニュ(Michel Eyquem de Montaigne [miʃɛl ekɛm də mɔ̃tɛɲ], 1533年2月28日 - 1592年9月13日)は、16世紀ルネサンス期のフランスを代表する哲学者。
モラリスト、懐疑論者、人文主義者。
現実の人間を洞察し人間の生き方を探求して綴り続けた主著『エセー』は、フランスのみならず、各国に影響を与えた。
ペリゴール地方の、ボルドーに近いモンテーニュ城でユダヤ系フランス人として生まれた。
実家は商業を営み富裕であった。
父は政治にも熱心でボルドーの市長を務めたことがある。
母方はセファルディムユダヤ人の家系であった。
ミシェルは6歳になるまで、家庭教師のもと専らラテン語を用いて育てられた。
ラテン語は当時の学問に必須の知識であったとはいえ、このような教育法は特異であった。
トゥールーズで法学を学び、フランスの法官になった。
1557年、ボルドーの高等法院(パルルマン)に務めていたときに、人文主義者エティエンヌ・ド・ラ・ボエティーと親しくなった。