生年月日データベース

渡辺義雄わたなべよしお

写真家[日本]

1907年 4月21日

2000年 7月21日 死去享年94歳

渡辺 義雄(わたなべ よしお、1907年4月21日 - 2000年7月21日)は、日本の写真家である。
戦前はライカなどの小型写真機を駆使したスナップ写真で著名となった。
フリーランスとなってからは、対外宣伝グラフ誌『NIPPON』に参加。
また国際文化振興財団や木村伊兵衛らの中央工房に関係した国際報道写真協会で活躍。
報道写真家の草分けとなる。
戦後には大型カメラを使用する建築写真界の第一人者、そして優れた写真教育者となった。
写真家としては日本で最初の文化功労者。
三条市名誉市民。

渡辺義雄さんが誕生してから、117年と39日が経過しました。(42773日)
亡くなってから、23年と312日が経ちました。(8713日)
34060日間 生きました。