生年月日データベース

内藤多仲ないとうたちゅう

建築構造技術者[日本]

1886年 6月12日

1970年 8月25日 死去享年85歳
内藤多仲 - ウィキペディアより引用

内藤 多仲(ないとう たちゅう、1886年〈明治19年〉6月12日 - 1970年〈昭和45年〉8月25日)は、日本の構造家・建築構造技術者・建築構造学者・一級建築士(登録番号第17200号)。
「耐震構造の父」と称されている。
名古屋テレビ塔や東京タワーなど、鉄塔の設計を多く手がけ、「塔博士」とも呼ばれている。
日本建築学会長、日本地震工学振興会会長などを歴任。

内藤多仲さんが誕生してから、138年と32日が経過しました。(50437日)
亡くなってから、53年と325日が経ちました。(19683日)
30754日間 生きました。