生年月日データベース

赤松啓介あかまつけいすけ

民俗学者[日本]

(本名・栗山一夫)

1909年 3月4日

2000年 3月26日 死去享年92歳

赤松啓介(あかまつけいすけ、1909年3月4日 - 2000年3月26日)は日本の民俗学者。
本名は栗山一夫。

兵庫県加西郡下里村(現・加西市)出身。
戦前非合法であった日本共産党に入党し、治安維持法で検挙され収監された経験を持つ。
戦後は神戸市史編集委員、神戸市埋蔵文化財調査嘱託などを務めた。
柳田國男などが性とやくざと天皇の民俗学を話題にしない事に反発し、フィールドワークを中心とした研究手法で「非常民」の民俗学を研究発表した。

1990年代から、長らく絶版だった著書が再刊され、大月隆寛らを中心に再評価されはじめた。
その研究によると、低年齢における性行為は昨今始まったものではなく、実際には昔から低年齢での経験が多かったとし、近年叫ばれている性の低年齢化にはあまり根拠がないと考える人達に支持されている。
戦後に実際、夜這いの経験をしており、一エピソードとして著書に記している。

関連商品

「赤松啓介」と関連する人物