生年月日データベース

黒沢年雄くろさわとしお

俳優歌手[日本]

(旧名義・黒沢年男)

1944年 2月4日 生 (満76歳)

黒沢 年雄(くろさわ としお、1944年2月4日 - )は、日本の俳優・歌手。
本名・旧芸名(2000年に改名)、黒沢 年男(読み同じ)。
株式会社プロダクション・クロ代表取締役。
弟は歌手のくろさわ博(元ヒロシ&キーボー)、妻はモデルの街田リーヌ(本名・街子、旧姓・宮崎)、娘は女優・タレントの黒沢レイラ(旧芸名・三井万裕美、本名・裕美)。
来歴・人物 神奈川県横浜市西区出身。
日本大学高等学校中退。
1964年、第4期東宝ニューフェイスとして東宝に入社。
俳優を志した理由は有名になって金持ちになりたかったからとしている。
岡本喜八、福田純、西村潔、松林宗恵などの監督作品に数多く出演して人気俳優となる。
独特の低い声が特徴で、その声で歌った『やすらぎ』(1975年)と『時には娼婦のように』(1978年)は大ヒットとなった。
1992年に大腸癌が発覚した際、それまでアイパーをかけていた頭髪を短く刈り込んだ(現在はそれに加えて白く染めている)。
その後は無精髭(長さは2mmに揃えているらしい)を生やすとともに、今やトレードマークとなっているニット帽(初めはファッションモデルの夫人が持っていたピエール・カルダンのニット帽)を被るようになった。

関連商品