生年月日データベース

エドガー・アラン・ポーEdgar Allan Poe

推理小説作家[アメリカ]

1809年 1月19日

1849年 10月7日 死去享年41歳
エドガー・アラン・ポーの名言
詩とは、ことばで美をリズミカルに創造すること。
Poetry is the rhythmical creation of beauty in words.
 - ウィキペディアより引用

エドガー・アラン・ポー(Edgar Allan Poe、1809年1月19日 - 1849年10月7日)は、アメリカ合衆国の小説家、詩人、評論家。
マサチューセッツ州ボストンに生まれる。
旅役者であった両親を早くに失い(父親は蒸発、母親は死亡)、名づけ親の商人アラン家に引き取られ、幼少期の一時期をロンドンで過ごした。
帰国後17歳でヴァージニア大学に進む。
学業成績は極めて優秀で、詩人としても認められるが、賭博、大酒で悪名を馳せる。
養父アランと賭博の借金が原因で仲たがいになり退学。
家を出て陸軍に入隊。
いったん除隊して養父とのよりを戻し、こんどは士官学校に入学するもなじめず、規則違反行為で退学処分。
その後、文筆で身をたてるべく詩や短編小説を創作し始める。
(筆名には、養家名のアランをそのまま名乗ることはなく、ほとんどエドガー・A・ポー、あるいはエドガー・ポーとしている) ゴシック風の恐怖小説「アッシャー家の崩壊」「黒猫」、世界初の推理小説と言われる「モルグ街の殺人」、暗号小説の草分け「黄金虫」など多数の短編作品を発表、また1845年の詩「大鴉」でも評判を取った。
また同時に有能な雑誌編集者であり、文芸批評家でもあったが、飲酒の悪癖などでトラブルを起こす癖はなおらず、いくつもの出版社を渡り歩いた。
1833年、当時まだ13歳だった従妹ヴァージニア・クレムと結婚するが、1847年に貧苦の中で結核によって彼女を失い、その2年後にポー自身も ……

関連商品