生年月日データベース

清水良典しみずよしのり

文芸評論家[日本]

1954年 1月17日 生 (満70歳)

清水 良典(しみず よしのり、1954年1月17日 - )は、日本の文芸評論家。
愛知淑徳大学創造表現学部教授。
愛知県名古屋市在住。
清水 良典(しみず よしのり)人物情報生誕 (1954-01-17) 1954年1月17日(70歳) 日本・奈良県磯城郡国籍 日本出身校 立命館大学文学部学問研究分野 近代文学現代文学研究機関 愛知淑徳大学学位 文学士 (立命館大学)学会 日本近代文学会谷崎潤一郎研究会主な受賞歴 第29回群像新人文学賞平成5年度名古屋市芸術賞奨励賞平成22年度愛知県芸術文化選奨文化賞第65回中日文化賞脚注愛知淑徳大学教育研究業績閲覧システムテンプレートを表示 国語教師を経て執筆活動へ。
新聞の文芸時評担当や書評委員も務めた。
文章教室的著作も多い。
著作に『村上春樹はくせになる』(2006年)、『あらゆる小説は模倣である。
』(2012年)、『デビュー小説論』(2016年)など。

清水良典さんが誕生してから、70年と154日が経過しました。(25722日)