生年月日データベース

稲垣足穂いながきたるほ

作家[日本]

1900年 12月26日

1977年 10月25日 死去急性肺炎享年78歳
稲垣足穂の名言
生死などは何でもない、つまらない事柄なのだ。ただ、生きていく態度が重要なのだ。
 - ウィキペディアより引用

稲垣 足穂(いながき たるほ、1900年12月26日 - 1977年10月25日)は、日本の小説家。
1920年代(大正末)から1970年代(昭和後期)にかけて、抽象志向と飛行願望、メカニズム愛好、エロティシズム、天体とオブジェなどをモチーフにした数々の作品を発表した。
代表作は『一千一秒物語』、『少年愛の美学』など。

関連商品

稲垣足穂さんが誕生してから、120年と305日が経過しました。(44135日)
亡くなってから、44年と2日が経ちました。(16073日)
28062日間 生きました。