生年月日データベース

井出孫六いでまごろく

作家、ルポライター[日本]

1931年 9月29日 生 (満88歳)

井出 孫六(いで まごろく、1931年9月29日 - )は、日本の小説家、ルポライター。
来歴・人物 長野県南佐久郡臼田町(現佐久市)生まれ。
東京大学文学部仏文科卒。
政治家井出一太郎、医学者井出源四郎は兄、評論家の丸岡秀子は姉、厚生大臣などを務めた井出正一は甥、衆議院議員の井出庸生は甥の子。
また、兄・井出正治の孫である井出一平(EPPAI)は、東京都公認ヘブンアーティスト。
中・高校教師、中央公論社勤務の後、『秩父困民党群像』で文壇に登場。
1975年、川上冬崖の謎の最期を描いた『アトラス伝説』で第72回直木賞。
1986年、『終わりなき旅 「中国残留孤児」の歴史と現在 』で第13回大佛次郎賞。
作『抵抗の新聞人桐生悠々』『島へ』『ねじ釘の如く』ほか。
日本文芸家協会理事、日本ペンクラブ会員。
「九条の会」傘下の「マスコミ九条の会」呼びかけ人を務めている。
著書 秩父困民党群像 新人物往来社、1973 峠の廃道 明治十七年秩父農民戦争覚え書二月社、1975 自由自治元年 秩父事件資料・論文と解説(編著)現代史出版会、1975 犯罪者たち 筑摩書房、1976 峠の軍談師 連作・秩父困民党稗史 河出書房新社、1976 明治・取材の旅 現代史出版会、1977 虚栄の時代 毎日新聞社、1978 変貌する風土 三一書房、1978 昭和ヒトケタの遺恨 柏書房、1978 秩父困民党紀行 平凡社カラー新書、1978 秩父困民党 講談社現代新書、1979 私の秩父地図 たいまつ社、1979 峠をあるく 筑摩書房、1979 明治 ……

関連商品