生年月日データベース

ギヨーム・アポリネールGuillaume Apollinaire

詩人[フランス]

1880年 8月26日

1918年 11月9日 死去スペイン風邪享年39歳
ギヨーム・アポリネール - ウィキペディアより引用

ギヨーム・アポリネール(Guillaume Apollinaire、1880年8月26日 - 1918年11月9日)は、フランスの詩人、小説家、美術・文芸評論家。
代表作に「ミラボー橋」を含む自由律の詩集『アルコール』、ピカソ、ブラック、ローランサンらの「新しい画家たち」を絶賛した評論『キュビスムの画家たち』、シュルレアリスムの演劇『ティレジアスの乳房』(フランシス・プーランクのオペラの原作)と小説『虐殺された詩人』、ジャンフランコ・ミンゴッツィ(フランス語版)監督によって映画化された性愛小説『若きドン・ジュアンの冒険』などがある。
処女詩集『動物詩集』の副題にある「オルフェ」からオルフィスムの概念が生まれたほか、シュルレアリスム、カリグラムもアポリネールの造語である。

ギヨーム・アポリネールさんが誕生してから、143年と320日が経過しました。(52551日)
亡くなってから、105年と247日が経ちました。(38598日)
13953日間 生きました。