生年月日データベース

シャルル・ペローCharles Perrault

詩人[フランス]

1628年 1月12日

1703年 5月16日 死去享年76歳
 - ウィキペディアより引用

シャルル・ペロー(Charles Perrault, 1628年1月12日 - 1703年5月16日)はフランスの詩人。
アカデミー・フランセーズの会員。
古今論争の火付け役。
日本では『ペロー童話集』の作者として有名。
ペローは、1628年にパリのブルジョワ階級の家庭に生まれる。
1651年、オルレアン大学で法学の学位を取得し弁護士となるが、二度弁護しただけでその職に再び戻ることはなかった。
1671年にはアカデミー・フランセーズ会員に選出される。
コルベールに認められ、ルイ14世に仕えた。
古今論争 ペローが『ルイ大王の世紀』Le siècle de Louis le Grand(1687)で、「(オウィディウスやウェルギリウスなどの)古典文学よりも現代文学の方がすぐれている」と述べ、ボアローがそれと反対の趣旨で応えたことにより巻き起こった論争。

関連商品

「シャルル・ペロー」と関連する人物