生年月日データベース

フランシス・プーランクFrancis Jean Marcel Poulenc

作曲家[フランス]

1899年 1月7日

1963年 1月30日 死去享年65歳
フランシス・プーランク - ウィキペディアより引用

フランシス・ジャン・マルセル・プーランク(プランク、Francis Jean Marcel Poulenc フランス語: [fʁɑ̃sis ʒɑ̃ maʁsɛl pulɛ̃k] 発音例,1899年1月7日 - 1963年1月30日)は、フランスの作曲家、ピアニスト。
歌曲、ピアノ曲、室内楽曲、合唱曲、オペラ、バレエ、管弦楽曲に作品を残した。
とりわけ、ピアノ組曲『3つの無窮動』(1919年)、バレエ『牝鹿』(1923年)、チェンバロ協奏曲『田園のコンセール』(1928年)、『オルガン協奏曲』(1938年)、オペラ『カルメル会修道女の対話』(1957年)、ソプラノ、合唱と管弦楽のための『グローリア』が知られている。
その作風の広さは「修道僧と悪童が同居している」と形容される。
ひとり息子として製造業で成功を収めた父から家業の跡取りとして期待をかけられ、音楽学校へ通うことを許されなかった。
音楽は大部分を独学で身につけ、ピアニストのリカルド・ビニェスに師事した。
ビニェスはプーランクの両親の死後、彼の指導者となった。
また、エリック・サティとも面識を得て、彼の貢献の下で若き作曲家集団『6人組』のひとりとなった。
初期の作品を通じて、プーランクはその高き精神と不遜さによって知られるようになる。
1930年代には彼の性分により強く真剣みを帯びた側面が現れ、中でもそうした傾向が顕著な1936年以降に作曲された宗教音楽は、肩ひじ張らない作品と互い違いに発表されていった。
作曲家としての業績に加え、プーランクは熟 ……

フランシス・プーランクさんが誕生してから、125年と163日が経過しました。(45819日)
亡くなってから、61年と141日が経ちました。(22421日)
23398日間 生きました。