生年月日データベース

荻原井泉水おぎわらせいせんすい

俳人[日本]

1884年 6月16日

1976年 5月20日 死去享年93歳

荻原 井泉水(おぎわら せいせんすい、1884年(明治17年)6月16日 - 1976年(昭和51年)5月20日)は、日本の自由律俳句の俳人、俳論家。
「層雲」を主宰、尾崎放哉や種田山頭火らを育てた。
本名・幾太郎のち藤吉。
日本芸術院会員。
東大言語学科卒。
河東碧梧桐の新傾向運動に親しみ、機関誌「層雲」を発刊、季題無用論を説き、自由律を主張した。
また俳句は宗教的芸術であるとして「道」の句を説いた。
句集に『原泉』(1960年)、作家研究に『芭蕉と一茶』(1925年)など。

推定関連画像

荻原井泉水さんが誕生してから、139年と259日が経過しました。(51029日)
亡くなってから、47年と287日が経ちました。(17454日)
33575日間 生きました。