生年月日データベース

狩野永悳かのうえいとく

日本画家、中橋狩野家第15代[日本]

(帝室技芸員、文化11年12月15日生)

1815年 1月24日

1891年 1月29日 死去享年77歳

狩野 永悳(かのう えいとく、文化11年12月15日(1815年1月24日) - 明治24年(1891年)1月29日)は幕末から明治期の狩野派(江戸狩野)の絵師、日本画家。
安土桃山時代を代表する絵師・狩野永徳と同じ読みであるが、無論別人である。
狩野栄信の六男。
兄に木挽町を継いだ長兄狩野養信、朝岡氏に養子入りし『古画備考』を著した次兄朝岡興禎、浜町狩野家を継いだ五兄狩野董川中信がいる。

推定関連画像

狩野永悳さんが誕生してから、209年と90日が経過しました。(76427日)
亡くなってから、133年と85日が経ちました。(48663日)
27764日間 生きました。