生年月日データベース

中村仁彦なかむらよしひこ

ロボット工学者[日本]

1954年 9月22日 生 (満69歳)

中村 仁彦(なかむら よしひこ、1954年(昭和29年) 9月22日 - )は、日本のロボット研究者。
学位は、工学博士(京都大学)。
東京大学名誉教授[40]。
マニピュレータ、非ホロノミック系、ヒューマノイドロボットの運動学と動力学、制御、および知能の研究に従事[41][42]。
京都大学助手、カリフォルニア大学サンタバーバラ校助教授、準教授、東京大学助教授、教授、IFToMM会長などを歴任[41][42]。
優先度付き運動分解やSRインバースを提案し[43][44]、ロボットや人体の運動学や動力学計算、シミュレーション、力学同定、モーションキャプチャーなどで実績を残した[38]。
脳型情報処理を提唱し、運動の言語理解にも取り組んだ[45]。
球体車輪による全方向移動や電気油圧駆動のヒューマノイドロボットも開発。
愛・地球博[46]やDARPAロボティクス・チャレンジ[28][47]にも研究室で出展・出場した。

中村仁彦さんが誕生してから、69年と275日が経過しました。(25477日)