生年月日データベース

コンスタンティノス11世Konstantinos XI Palaiologos Dragases

ローマ帝国皇帝[東ローマ帝国]

(ユリウス暦) 1405年 2月8日

(ユリウス暦) 1453年 5月29日 死去戦死享年49歳
コンスタンティノス11世の最期の言葉
神よ、帝国を失う皇帝を許し給うな。都の陥落とともに、われ死なん。 逃れんとするものを助け給え。死なんとするものはわれとともに戦い続けよ!
 - ウィキペディアより引用

コンスタンティノス11世パレオロゴス・ドラガセス(ギリシア語:Κωνσταντίνος ΙΑ' Παλαιολόγος Δραγάσης、ラテン文字転写:Kōnstantinos XI Palaiologos Dragasēs、1405年2月8日 - 1453年5月29日)は、東ローマ帝国パレオロゴス王朝の皇帝(在位:1449年 - 1453年)。
東ローマ帝国最後、すなわちローマ帝国最後の皇帝である。
中世ギリシア語読みではコンスタンディノス11世ドラガシス・パレオロゴス。
後述する数え方の違いから「12世」ないし「13世」と呼ぶこともある。
生涯 皇帝マヌエル2世パレオロゴスの四男として、首都コンスタンティノポリスで生まれた。
コンスタンティノスはれっきとしたパレオロゴス王家の生まれであったが、彼だけは母イェレナの姓であるドラガシュ(セルビアの地方領主ドラガシュ家)のギリシア語形である「ドラガセス」を姓とした。

関連商品