生年月日データベース

林昌勇イム・チャンヨン

プロ野球選手[韓国]

1976年 6月4日 生 (満43歳)

 - ウィキペディアより引用

林 昌勇(イム・チャンヨン、1976年6月4日 - )は、大韓民国の光州広域市出身のプロ野球選手(投手)。
右投げ右打ち。
韓国時代 光州眞興(ジンフン)高校の時は4番打者で、 光州地域の高校予選では、後でメジャーリーガーとして活躍した徐在応と金炳賢から本塁打を打ったことがある。
1995年、ヘテ・タイガースに入団。
ヘテでは中日に移籍した宣銅烈の後を継いで抑えとして起用され、1996年、1997年の連覇に貢献。
1998年には最優秀救援投手のタイトルを獲得するなど、早くから投手陣の主軸になった。
1998年オフに梁埈赫(ヤン・ジュンヒョク)、黄斗聖、クァク・チェジンとの3対1の交換トレードで三星ライオンズに移籍。
移籍1年目の1999年には71試合130イニング以上を投げ、最優秀防御率のタイトルを獲得している。
1999年シーズンは、どういう場面でもいざとなればマウンドに呼び出されると言われるほど登板過多気味だった。
このため、親会社のサムスン電子製の携帯電話のブランド名でもある「エニ・コール(Any Call)」という別名がついた。

関連商品