生年月日データベース

中村玉緒なかむらたまお

女優[日本]

1939年 7月12日 生 (満80歳)

中村玉緒(なかむらたまお、1939年(昭和14年)7月12日 - )は、戦後昭和から現在にかけて活躍中の女優、タレント。
本名(旧姓)及び旧芸名は林 玉緒(はやし たまお)、結婚後の本名は奥村 玉緒(おくむら たまお)。
愛称はお母さん。
京都女子高等学校卒業。
長良プロダクション所属。
京都府京都市左京区出身。
父は大映映画の貴重な脇役でもあった歌舞伎俳優二代目中村鴈治郎。
夫は俳優の勝新太郎、長男は俳優の鴈龍(奥村雄大)、長女は奥村真粧美。
また兄は歌舞伎役者の四代目坂田藤十郎、その子に四代目中村鴈治郎・三代目中村扇雀兄弟がいる。
1953年、本名の林玉緒で松竹『景子と雪江』に映画初出演。
しかしその後、お呼びがかからなかった。
どうしても女優になりたかった玉緒は、親戚で大映の重役も兼ねていた長谷川一夫に頼み込み、1954年に大映に入社することとなった。
初年度の給料2万円は当時としては破格で、ハイヤーで撮影所通いという優遇だったが、主役は回ってこなかった。
1960年代半ばまで幼馴染の市川雷蔵や山本富士子、若尾文子らスターの脇役として大映で活躍。

映像作品

関連書籍

ミュージック

なかむら-たまお 1939-昭和後期-平成時代の女優。昭和14年7月12日生まれ。2代中村鴈治郎の娘。松竹の「景子と雪江」で映画初出演。東映をへて昭和29年大映にはいり,時代劇の娘役スターとなる。「ぼんち」「大菩薩峠」などでブルーリボン賞を受賞。37年勝新太郎と結婚。テレビ,舞台にも出演。20年毎日映画コンクール田中絹代賞。京都出身。京都女子学園卒。本名は奥村玉緒。 (引用元 コトバンク)