生年月日データベース

森下洋一もりしたよういち

松下電器産業 元社長会長[日本]

1934年 6月23日

2016年 12月18日 死去享年83歳

森下 洋一(もりした よういち、1934年〈昭和9年〉6月23日 ‐ 2016年〈平成28年〉12月18日)は、日本の実業家。
位階は従三位。
関西学院大学バレーボール部員であったため、先輩である大松博文に薦められ松下電器産業株式会社(現・パナソニック株式会社)に運動選手枠で入社する。
後に同社の社長、会長、相談役、学校法人関西学院の理事長を務めた。
社長在任時の1995年に「これからはブラウン管の時代」と提唱して液晶開発への投資を縮小したことにより、松下が液晶競争に乗り遅れる原因の一つを作る。
退任後、2019年にはパナソニックの液晶事業からの撤退が決定された。

森下洋一さんが誕生してから、90年と30日が経過しました。(32903日)
亡くなってから、7年と217日が経ちました。(2774日)
30129日間 生きました。