生年月日データベース

アナトール・フランスAnatole France

作家詩人、批評家[フランス]

1844年 4月16日

1924年 10月12日 死去享年81歳
アナトール・フランスの名言
偉大なことを成し遂げるためには、行動するだけでなく夢見ることも必要だし、計画するだけでなく信じることも必要である。
To accomplish great things, we must not only act, but also dream, not only plan, but also believe.
アナトール・フランス - ウィキペディアより引用

アナトール・フランス(フランス語: Anatole France, 1844年4月16日 - 1924年10月12日)は、フランスの詩人・小説家・批評家。
本名はジャック・アナトール・フランソワ・ティボー(フランス語: Jacques Anatole François Thibault)。
パリ出身。
アカデミー・フランセーズの会員を務め、ノーベル文学賞を受賞した。
代表作は『シルヴェストル・ボナールの罪』『舞姫タイス』『赤い百合』『エピクロスの園』『神々は渇く』など。
芥川龍之介が傾倒し、石川淳が訳していたことで有名である。
1844年 パリに生まれる。
父は書店主。
カトリック系私立のスタニスラス大学に学ぶ。
1871年 高踏派詩人の雑誌『現代高踏詩集(Le Parnasse contemporain)』に詩作品『La Part de Madeleine』が発表される。
1875年 第三次『現代高踏詩集』の準備委員会に参加。
1881年 長編小説『シルヴェストル・ボナールの罪(Le Crime de Sylvestre Bonnard)』を発表。

映像作品

関連書籍

ミュージック