生年月日データベース

古賀正明こがまさあき

プロ野球選手[日本]

1949年 4月11日 生 (満75歳)

古賀 正明(こが まさあき、1949年4月11日 - )は、福岡県久留米市出身の元プロ野球選手(投手)。
右投右打。
経歴[編集] 福岡県久留米市で生まれ10歳の時に東京へ移住する。
日大三高では、2年生の時、エースとして1966年の夏の都大会の決勝に進出するが、修徳高の辻正孝に本塁打を喫し敗退。
翌1967年夏は都大会準決勝で、後に大学同期となる依田優一を打の主軸とする堀越高に敗れ、甲子園出場はならなかった。
高校同期に三塁手の畑野実、控え投手の柴田民男がいる。
卒業後は法政大学に進学。
法大には同期の横山晴久、一年下の池田信夫ら好投手がおり、公式戦の登板は2イニングのみに終わった。
1972年に丸善石油に入社。
1973年の都市対抗に出場し、エース久玉清人をリリーフして好投、チームは準々決勝に進出する。
同大会の四国予選では伊予銀行を相手にノーヒットノーランも記録した。
翌年も都市対抗に連続出場し、1974年秋には阪神タイガースからドラフト1位指名を受けるも、条件が合わず入団を拒否する。
1975年の都市対抗ではエースとして3勝をあげ準決勝に進出するが、この大会に優勝した電電関東に敗退。
1975年11月のドラフト1位で太平洋クラブライオンズに指名され、プロ入り。
高校の先輩にあたる鬼頭政一監督の下で長身から投げ降ろす速球と決め球のフォークボール。
スライダー、カーブ、シュート、チェンジアップを武器に、1年目から先発ローテーションを ……

古賀正明さんが誕生してから、75年と103日が経過しました。(27497日)