生年月日データベース

テディ・リネールTeddy Riner

柔道[フランス]

1989年 4月7日 生 (満30歳)

 - ウィキペディアより引用

テディ・リネール(フランス語: Teddy Riner、1989年4月7日 - )は、フランスの男子柔道家。
2007年の世界選手権で史上最年少での世界王者となった。
2007年より世界選手権8大会連続優勝、100kg超級7連覇中(2015年8月現在)。
身長204cm、体重129kg。
愛称はテディ・ベア。
得意技は大外刈、内股、隅返。
現在はルヴァロワSCに所属している。
リネールはフランスの海外県であるグアドループで生まれ、その後フランスに移って5歳の時に柔道を始めた。
その他にも陸上競技、水泳、ゴルフ、バスケットボール、サッカー、スカッシュなど多くのスポーツを体験した。
柔道の大会に参加できる年齢になって勝利を重ねていくうちに、他の競技をやめて柔道に専念するようになった。
少年時代のリネールは日本の重量級選手の試合を沢山見て影響を受けたということもあって、日本の柔道スタイルが気に入っていたという。
この当時、リネールにとって最高の柔道家は野村忠宏と井上康生だった。
14歳になるとフランスの指定強化選手に選ばれ、2007年の世界選手権では憧れの存在だった井上を返し技の効果ポイントで破るなどして、男子では史上最年少となる18歳5ヶ月で優勝を果たした。

関連商品

  • タイトル
    最強の柔道家 リネール
    種別
    単行本(ソフトカバー)
    著者
    • テディ・リネール
    • 神奈川夏子
    出版社
    エクスナレッジ
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥1,760
    中古商品
    ¥290より