生年月日データベース

エリザベス・テイラーDame Elizabeth Rosemond Taylor

女優[イギリス→アメリカ]

1932年 2月27日

2011年 3月23日 死去鬱血性心不全享年80歳
エリザベス・テイラー - ウィキペディアより引用

エリザベス・テイラー(Dame Elizabeth Rosemond Taylor, DBE、1932年2月27日 - 2011年3月23日)は、イギリス出身の女優。
少女時代からメトロ・ゴールドウィン・メイヤー (MGM) で子役として映画出演しており、成人後には「ハリウッド黄金時代」(en:Hollywood's Golden Age) を代表する大女優の一人となった。
世界的にもっとも有名な女優の一人であり、優れた演技力、美貌、豪奢な私生活、そして珍しいスミレ色の瞳で知られていた。
『緑園の天使』(1944年)が最初に成功したテイラーの映画出演作品となった。
その後、『花嫁の父』(1950年)、『陽のあたる場所』(1951年)、『ジャイアンツ』(1956年)、『熱いトタン屋根の猫』(1958年)、『去年の夏 突然に』(1959年)などに出演している。
1960年の『バターフィールド8』でアカデミー主演女優賞を受賞し、『クレオパトラ』(1963年)では主題役を演じ、この作品で共演したリチャード・バートンと結婚した。
バートンとの共演作は『バージニア・ウルフなんかこわくない』(1966年)など11本におよび、テイラーはこの『バージニア・ウルフなんかこわくない』で2度目のアカデミー主演女優賞を受賞している。
1970年代半ばからテイラーの映画出演は減っていき、ときおりテレビや舞台に出演するようになった。
テイラーの私生活は、8度の結婚と生命に関わる闘病生活で知られている。
また、1980年代半ばからエイズ撲滅運動を支持し、1985年に米国エイズ研究財団 (en:amfA ……

推定関連画像

エリザベス・テイラーさんが誕生してから、92年と7日が経過しました。(33610日)
亡くなってから、12年と348日が経ちました。(4731日)
28879日間 生きました。