生年月日データベース

ジョージ・イーストマンGeorge Eastman

実業家発明家、イーストマン・コダック社 創業者[アメリカ]

1854年 7月12日

1932年 3月14日 死去自殺享年79歳
ジョージ・イーストマンの辞世
友よ、私の仕事は終わった。なぜ待つのか?
To my Friends, My work is done. Why wait?
 - ウィキペディアより引用

ジョージ・イーストマン(英語: George Eastman 、1854年7月12日 - 1932年3月14日)はアメリカの実業家、発明家であった。
イーストマン・コダックの創業者。
ロールフィルムを発明。
それによって連続撮影のスピードが著しく速くなり、写真機の主流となった。
ロールフィルムは1888年にエドワード・マイブリッジやルイ・ル・プランスが映画用フィルムを発明する元となり、レオン・ボウリー(英語版)、トーマス・エジソン、リュミエール兄弟、ジョルジュ・メリエスらによる映画の発明のための基礎技術となった。
篤志家としても有名で、ロチェスター大学のイーストマン音楽学校と医歯学部を創設し、ロチェスター工科大学(RIT)に寄付をし、マサチューセッツ工科大学(MIT)の第2キャンパスを建設し、いくつかの大学に寄付をしている。
また低所得者のために、ロンドンをはじめとするヨーロッパ各地の都市に診療所建設のための基金を創設した。
晩年は病気のせいで慢性の痛みと身体の衰えに苦しんだ。
1932年3月14日、「友よ、私の仕事は終わった。
なぜ待つのか?(To my Friends, My work is done. Why wait?)」と書かれた遺書を残し、自死した。
ジョージ・イーストマン・ハウス(英語版)はアメリカ合衆国国定歴史建造物に指定されており、2012年現在は国際写真映画博物館として運営されている。

関連商品