生年月日データベース

オマー・ハキムOmar Hakim

ミュージシャン[アメリカ]

1959年 2月12日 生 (満65歳)

オマー・ハキム - ウィキペディアより引用

オマー・ハキム(Omar Hakim、1959年2月12日 - )は、アメリカのドラマーである。
ニューヨーク生まれ。
父親は、デューク・エリントンやカウント・ベイシーなどのスウィング・バンドでトロンボーンを吹いていたハサーン・ハキム(Hasaan Hakim)。
幼い頃から演奏を始める。
マーカス・ミラーとは、少年時代からの友人。
甲高い音にチューニングしたスネアドラム、手数の多いドラミング、他の演奏者と「一緒にグルーブしたい」志向が特徴。
最近使用しているエレクトリックドラムは、ローランド製。
略歴[編集] 5歳の頃、叔父からクリスマス・プレゼントで貰った子供用の太鼓を叩き始める。
10歳の頃、父親のバンドで演奏する。
15歳の頃、初めてのツアーに出る。
1980年、マイク・マイニエリに出会い、マイクがプロデュースするカーリー・サイモンのバンドのドラマーに。
同年渡辺香津美のTochikaツアーでマイク・マイニエリ、マーカス・ミラー、ウォーレン・バーンハートと共に来日公演を行っている。
1982年、ウェザー・リポートのドラマーとなる(1985年解散)。
1983年、渡辺香津美のアルバム『MOBO』にマーカス・ミラー、マイケル・ブレッカーと共に参加。
1980年代、最初の市販ドラムマシン(The Linn Drum Machine、ロジャー・リン(Roger Linn)製作)を手に入れ、ミュージシャンとしての活動の幅の内に入れていく。
エレクトロニクス・テクノロジーは、ドラマーの世界に変化をもたら ……

オマー・ハキムさんが誕生してから、65年と163日が経過しました。(23904日)